”パソコンユーザのつぶやき”内で記事検索

2016年06月29日

Chuwi hi8 pro の BIOS ブートマネージャ起動

CHUWI HiBook 全世界最強のコスパ! タブレットPC 【国内正規1年保証/日本語化説明書】 -
CHUWI HiBook 全世界最強のコスパ! タブレットPC 【国内正規1年保証/日本語化説明書】 -

Chuwi hi8 pro のデュアル OS をディスクまるごとバックアップ・リカバリとかするのに使うツールを USB 起動させるには。

0、予め USB メモリ、SD カードとかにバックアップソフトは仕込んでおく。

1、中華タブ本体に以下のものをつなぐ。
USB-Type-C 変換アダブタ + USBハブ + USBメモリ(USBカードリーダ + SDカードとかでも良い)+ USB キーボード+ USB マウス(USB レシーバ付きの無線タイプでも良い)
*Bluetooth 接続は使えません。バッテリー駆動になるので、バッテリー残量注意。

HooToo USB Type-C ハブ 3USB 3.1 Gen1ポートが搭載され HDMIポート SDカードリーダー(USBType-Cチャージング、プラグ&プレイ、アルミニウム合金製パワーデリバリー) HT-UC001 -
HooToo USB Type-C ハブ 3USB 3.1 Gen1ポートが搭載され HDMIポート SDカードリーダー(USBType-Cチャージング、プラグ&プレイ、アルミニウム合金製パワーデリバリー) HT-UC001 - こいつは、充電しながらデータ転送できるらしい。

2、中華タブの本体の電源を入れ、”CHUWI 驰为”というロゴが出るあたりで、キーボードの”F7”キーをトントン押したら BIOS のブートマネージャが起動します。
*”ESC” キーを押してBIOS設定画面を起動させる必要はない。

その画面で、“UEFI:USBなんちゃら”を選んでエンター。

参考:Chuwi公式フォーラム記事 http://forum.chuwi.com/thread-1332-1-1.html

3、オフロに入ったり、コーヒーでもゆーーーーーっくり淹れてお過しください。そのうち起動完了します。

EaseUS_CHU001.jpg

イメージバックアップソフト Reflrct 、 EaseUS Todo Backup Free は USB 起動できました。ただし、WindowsPE ベースのもの。
Reflrct ではデュアル OS フルバックアップ途中で、本体バッテリー切れして落ちました。フル充電させた後、OS 初期状態の時にバックアップは取ったほうがいいかも。
もしくは、本体 Windows 10 にバックアップソフトをインストールしてバックアップをとる。


Acronis True Image Personal USBメモリ版 -
Acronis True Image Personal USBメモリ版 -

(追記) USB1.1 仕様のハブ使ってたから遅いよね。USB2.0 仕様のを使ったら、おどろくほど早いので驚愕した。

posted by ya9ya93 at 12:19 | TrackBack(0) | Chuwi hi8 pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439516351

この記事へのトラックバック