”パソコンユーザのつぶやき”内で記事検索

2013年01月26日

PCLinuxOS 2012.12 ライブ起動

レッドブルエナジードリンク 250ml×24本 / レッドブル・ジャパン


PCLinuxOS 2012.12 ライブDVD での起動選択画面でランゲージに日本語選んでも日本語化されるのはその起動選択画面のみで、自動ログイン後のデスクトップには反映されません。ライブDVD には、日本語ロケールが入ってないからかな。

ログイン直前のキーボード選択で Japanese 選んでも反映されないので、Configure Your Computer の Set up the keyboard layout で設定しないとダメみたい。

日本語ロケールのために、Synaptic を使って日本語のパッケージをインストール。
まずは、リポジトリのサーバを jaist のみになるようチェックを入れ直す。
リロードして状態を最新にし、kde4-l10n-ja、locales-ja をインストール。
Configure Your Computer の Manage localization for your system で日本語ロケールを設定。ibus-anthy がないので、SCIM を選択すると日本語入力のパッケージもインストールされる。

ログインし直すと、日本語化され日本語入力が可能になる。
posted by ya9ya93 at 22:56 | TrackBack(0) | PCLinuxOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック