”パソコンユーザのつぶやき”内で記事検索

2012年07月11日

AtermDR202C-U + BAR HGWL で無線LANめも

マディソン郡の橋 [DVD] / クリント・イーストウッド, メリル・ストリープ, アニー・コーリー, ヴィクター・スレザック (出演); ロバート・ジェームス・ウォーラー (原著); クリント・イーストウッド (監督)



以下は、Bridge Linux 2012.5 で行った。

1、ADSLモデム AtermDR202C-U を PPPoEブリッジモードにする。
AtermDR202C-U のクイック設定webで、基本設定 > 動作モード の所。
PPPoEモードを選んで、PPPoEブリッジ にチェックを入れたままにして設定保存。

2、BAR HGWL はマニュアルを見て工場出荷状態にリセットしておく。
マニュアル

3、AtermDR202C-U を 無線LANルータ BAR HGWL につなげる。
AtermDR202C-U の LANポートにつながってるLANケーブルを BAR HGWL の WANポートにつなげる。

4、BAR HGWL の有線での設定
BAR HGWL の LANポートにパソコンのLANケーブルをつなげる。
BAR HGWL の web Setup 画面で、セットアップウィザードにて PPPoE を選んで接続設定を進めていく。
プロバイダー指定の設定方法を元にユーザー名とパスワードを入力。
保存ボタンで設定保存すれば、インターネットにつながります。

5、BAR HGWL の無線LAN設定
BAR HGWL の web Setup 画面で行ないますが、暗号化はWEPしか使えません。
Auto、64bitでコード生成して、保存。
デフォルトのキー1は記憶しておく。

6、パソコン側の無線LAN設定。
上バー右の方にあるネットワークマネージャーのアイコンを右クリック > 接続を編集する で、「ネットワーク接続」のダイアログを起動。
無線タブのところで、接続の編集。
無線セキュリティタブのところで、「Securyty:WEP 40/128-bit」にして 5、でのキー1を記入し保存。

OSを再起動。



posted by ya9ya93 at 21:48 | TrackBack(0) | ディストリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。