”パソコンユーザのつぶやき”内で記事検索

2012年07月08日

WLI-UC-GNM USB型無線LAN子機と Linux

BUFFALO 無線LAN子機 コンパクトモデル 11n技術・11g/b対応 WLI-UC-GNM / バッファロー


BUFFALO の WLI-UC-GNM が 940円(YAMADAで一番安かった)で売ってたんで購入。

Puppy Linux 431 JP2012 では、Puppy Network Wizard にて ra0 と認識されすんなり使えました。
これは特別に日本語版なのでドライバが組み込まれているのかもしれません。
Linux Mint 13 L、LMDE 201204、Parsix 4 T1、Fduntu 2012.3、 Bridge Linux 2012.5、AV Linux 5.0.3、Ubuntu 12.04、BlankOn 7、Sabayon 9、Pure OS、Fedora 17、Chakra 2012.5、Hybryde等 kernel3.x系 では問題なくすんなり使えました。
kernel2.6.x系では ndiswrapper でドライバをインストールできるけど動きませんでした。

手持ちの、超古い無線LANカード DWL-G630 はなんだって使えます。 暗号化はWEPでもWPAでもOK。
posted by ya9ya93 at 16:25 | TrackBack(0) | ディストリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック