”パソコンユーザのつぶやき”内で記事検索

2012年01月29日

LMDE(Linux Mint Debian Edition) をインストールした後にしたことメモ

育てるたまごハーブ(L) ミント EG-0201 / 聖新陶芸

2011.09.16 にリリースされていたらしい LMDE 201109 (Xfce) をインストールした後にやったこと。
デスクトップは GNOME2 に大変良く似た MATE らしいが、中身は Xfce だ。
もちろんベースは Debian 6 squeeze。

1、パッケージのアップグレード。
アップデートマネージャにてパッケージのアップグレード 418個。
gstreamer0.10-plugins-bad でどうも引っかかるので、チェックを外してアップグレード。

2、日本語入力。
日本語選択してインストールしても日本語表示のみで、日本語入力できない。
ibus-mozc をSynapticでインストールしようとすると依存パッケージも全てインストールされる。
mintメニューの Settings > IBusの設定 でデーモンも起動。
IBusの設定のインプットメソッドタブから、Mozcを追加。
ログインしなおすと日本語入力可能になる。

3、デスクトップの整理。
Linuxをインストールしてる全てのパーティションのアイコンも表示されるので大変です。
mintメニューの Settings > デスクトップ のアイコンタブで、いらないアイコンのチェックを外すと即非表示になる。

4、画面解像度をログイン時に変更されるように。
xrandrにて。*参考
mintメニューの Settings > セッションと起動 で「自動開始アプリケーション」を利用し、毎回ログイン時に解像度変更。

5、音が出るようにする。
mintメニューの マルチメディア > ミキサー で「コントロールの選択」より side を追加。
それのミュートを外す。

posted by ya9ya93 at 20:06 | TrackBack(0) | LMDE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック