”パソコンユーザのつぶやき”内で記事検索

2011年07月20日

企業・団体へのUbuntu普及の足がかりとなるのか

リカちゃん  でんどうアシストじてんしゃPAS サイクリングリカちゃん / タカラトミー
リカちゃん でんどうアシストじてんしゃPAS サイクリングリカちゃん / タカラトミー


アシストが社内のPC約800台をWindowsからUbuntu Linuxに移行へ :ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110720/362604/
「アシストは2011年内に、社内のパソコン約800台をWindowsからLinuxへ移行する。7月20日に開催したLinuxサポートサービス「Ubuntu Advantage」の記者会見で明らかにした。またアシストは社内のオフィスソフトをOpenOffice.orgからLibreOfficeに切り替えたことも公表した。」

アシスト自体Ubuntuの企業向けサポートしてるわけで。
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20110621_454764.html

「Canonicalと販売契約を締結し、2011年6月から代理店としてUbuntu Advantageを日本で提供している。 」
ということですね。

で、その Ubuntu Advantage の海外での実績としては、
「フランスの警察では約8万5000台のデスクトップで使われており、ライセンスコストなどで年間200万ユーロを削減できているという。」
だそうで、バカにできない金額ですね。



このエントリー書きながら、ArchLinux へ mozc-svn インストールしてるんだけど、OS本体より時間がとってもかかっております。
ラベル:Ubuntu普及 企業
posted by ya9ya93 at 19:42 | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック