”パソコンユーザのつぶやき”内で記事検索

2011年07月13日

Imagemagickのimportコマンドでスクリーンショット

フリート レッツ ゴルフ! ステッカー ナイスショット! / フリート

Gnome や KDE デスクトップじゃなかったらデフォではスクリーンショットは撮れなかったりする。
そんな時は Imagemagick をインストールして、import コマンドを使うといい。
Arch Linux の場合はインストールは、
$ sudo pacman -S imagemagick

以下、いずれもユーザディレクトリに00.pngという画像ファイルができる。

・矩形範囲指定のスクリーンショット
$ import 00.png
で、マウスカーソルが+になるので、ドラッグして矩形範囲指定。

・デスクトップ全体のスクリーンショット
$ import -window root 00.png
* Arch Linux にインストールした Fluxbox ではなぜか、 window が重なった部分が真っ黒になる。

・特定の window のスクリーンショット
$ import -window id 00.png
idの調べ方
$ xwininfo |grep '^xwininfo: Window id:' | awk '{print $4}'
で、特定の window をクリックすると、id が出力される。

・5秒遅延させてデスクトップ全体のスクリーンショット
$ sleep 5; import -window root 00.png


参考:
ImageMagick Import Command-line Tool
http://www.imagemagick.org/script/import.php



posted by ya9ya93 at 00:08 | TrackBack(0) | ディストリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。