”パソコンユーザのつぶやき”内で記事検索

2011年06月29日

knoppix 6.4.4 で任意のマウントポイントに自動マウントめも

俺はもうダメだ / 電撃ネットワーク (その他); 電撃ネットワーク (演奏); 南部虎弾, Mount Position, 高木淳, GENJI, nishikata (その他) (CD - 2006)
俺はもうダメだ / 電撃ネットワーク (その他); 電撃ネットワーク (演奏); 南部虎弾, ...

knoppix 6.4.4 では起動時毎に /etc/fstab を独自に書き換えてしまうので、編集しても無駄だったりします。

1、起動時に /etc/fstab を書き換えないようにする。
$ gksudo leafpad /boot/grub/menu.lst
チートコード nofstabkernel の行の一番後ろに書き加える。
kernel /boot/vmlinuz root=/dev/sda2 rootwait lang=ja apm=power-off nomce libata.force=noncq tz=localtime loglevel=1 rw nofstab

2、ntfs-3g をインストール。
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install ntfs-3g
この際、ntfs-3g-ng は削除される。

3、マウントポイントを作り、/etc/fstab の編集。
NTFSフォーマットなパーティションの場合。
$ sudo mkdir /media/winD
$ gksudo leafpad /etc/fstab
proc /proc proc noauto 0 0
sysfs /sys sysfs noauto 0 0
/dev/sdaX / reiserfs relatime 0 0
/dev/sdaY none swap defaults 0 0
/dev/sdaZ /media/winD ntfs rw,exec,uid=1000,locale=ja_JP.UTF-8 0 0

任意なので、必ずしも/media/winDである必要無し。
sdaX、sdaYの部分は環境によって違うので、まんまコピーしてはいけない。

4、ユーザディレクトリ ~/ に .sudo_mount.sh を作る。
内容は以下の1行。
sudo mount -a
ファイルのプロパティー > パーミッション > 「実行可能にする」にチェック。(実行可能にしなくていいかも)

5、ログイン時に自動実行するようにする。
~/.config/autostart にsudo_mount.desktop というファイルを作成。
[Desktop Entry]
Encoding=UTF-8
Name=sudo_mount
Command=
Exec=sh .sudo_mount.sh




posted by ya9ya93 at 22:08 | TrackBack(0) | knoppix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。