”パソコンユーザのつぶやき”内で記事検索

2011年05月25日

Fedora 14 で起動音をログイン時に鳴らす。

セミナーDVD付きでよくわかる!日本版SOX法 実務完全バイブル(DVD付) [単行本(ソフトカバー)] / 浅野 雅文 (著); 実業之日本社 (刊)

Linuxカスタマイズ厨にとっては無くてはならない?ものに「起動音」というのがある。
一般ユーザにとってはどうでもいいことですが、ログイン時にうんともすんとも言わない Fedora は許せない存在らしい。

音だけ鳴らしたいときには、playというコマンドがあるらしいが、実際使ってみようとすると以下のようになる。
/usr/share/sounds/purple の login.wav を鳴らしたい時、端末で。
$ play '/usr/share/sounds/purple/login.wav'
bash: play: command not found...
コマンド play' を提供するためにパッケージ 'sox' をインストールしますか? [N/y]

sox というパッケージがないから、インストールするよう求められるので、'y' キーを押下してインストールを進める。
* キューで待機中..
* 実行中..
* 依存関係を解決中..
* 認証を待ち受け中..
* 実行中..
* 依存関係を解決中..
* パッケージをダウンロード中..
* 署名をチェック中..
* 変更をテスト中..
* パッケージのインストール中..
* アプリケーションをスキャン中..
* 情報を取得中..

インストールが終わってすぐに、音が鳴る。
/usr/share/sounds/purple/login.wav:

File Size: 192k Bit Rate: 706k
Encoding: Signed PCM
Channels: 2 @ 16-bit
Samplerate: 22050Hz
Replaygain: off
Duration: 00:00:02.18

In:100% 00:00:02.18 [00:00:00.00] Out:48.1k [ | ] Clip:0
↑この行の辺で音が鳴るはず。音が鳴らなかったら、まずはシステム>設定>サウンド、を見てね。
Done.

これを起動時に鳴らすには、システム>設定>自動起動するアプリ、に以下のように登録。
名前:起動音
コマンド:play '/usr/share/sounds/purple/login.wav'


posted by ya9ya93 at 07:37 | TrackBack(0) | Fedora | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック