”パソコンユーザのつぶやき”内で記事検索

2011年03月02日

パーティションテーブルすっ飛ばして、TestDisk のご厄介にあずかる。

お洒落な大人の盆栽入門 [単行本(ソフトカバー)] / 森前誠二 (著); 情報センター出版局 (刊)

Puppy Linux で bonsai の手入れ(ほんとは bonsai とは無関係なデータをたくさん置いた)をしていたら、パーティション情報をすっ飛ばして bonsai のはいってるパーティションが認識されなくなった。
bonsai の Grub を使っていたのでマルチブートしてるOSが全て起動不可能に。
スレーブ側のHDDの MBR にも Grub をインストールしてたので、そちらでなんとか起動。

起動した Ubuntu 10.04 に Synaptic より TestDisk をインストールして、パーティション情報復旧。
めでたしめでたし。

testdisk_ubu001.jpg

TestDisk の使い方は以前、こちらを参考にしていたが、こちらの方が最近では検索上位のようなので後者を参考にした。後者の方が多少見やすい。

全てのパーティション情報をすっ飛ばしてしまった場合は Gparted LiveCD とかを使うと良いだろう。

TestDisk on Live rescue CDs
http://www.cgsecurity.org/wiki/TestDisk_Livecd



posted by ya9ya93 at 13:43 | TrackBack(0) | Ubuntu-Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。