”パソコンユーザのつぶやき”内で記事検索

2011年02月22日

Gparted LiveCD 0.8.0 リリースされたばかり。を起動してみたスナップショット。

自慰マニュアル―男の気持ちいい!!オナニー (DATAHOUSE BOOK) [単行本] / 辰見 拓郎 (著); データハウス (刊)

Gparted の”G”ってのは Gnome のこと。正式名称は「Gnome Partition Editor」かな。
HDDのパーティション操作アプリケーションでもっとも人気があるグラフィカルインターフェースのソフトです。

Gparted はいろんなLinuxディストリビューションに実装されていますが、バージョン0.8.0はまだだと思うので、LiveCD版を使ってみた。
http://sourceforge.net/projects/gparted/files/gparted-live-stable/0.8.0-5/
gparted-live-0.8.0-5.iso
をCD-RWにイメージとして焼いて使った。

1、Gparted LiveCD をCD起動。

gpar08_001.jpg
・グラフィカルな起動画面選択画面が立ち上がるので、「GParted Live ...」を選んでエンターキーで起動。

2、キーボードのレイアウト設定。

gpar08_002.jpg
・日本語キーボードのにしたいので、↑キーで一番上の「Select keymap from arch list」を選んでエンター。

gpar08_003.jpg
・「qwerty」を選んでエンター。

gpar08_004.jpg
・「Japanese」を選んでエンター。

gpar08_005.jpg
・「Standard」を選んでエンター。

3、使用言語の選択。

gpar08_006.jpg
・日本語は15なので、「15」とタイプしてエンターキー。

gpar08_007.jpg
・グラフィカルなデスクトップを起動するので、そのままエンターキー。

4、Gparted Live の起動完了。

gpar08_008.jpg
・自動で Gparted のみがデスクトップに起動する。

gpar08_009.jpg
・デバイスメニューにある、「Attempt Data Rescue...」というのがバージョン0.8.0の新しい機能らしい。
Gparted Live に実装されている TestDisk でも組み込んだのかな。

5、Gparted Live の終了。

gpar08_010.jpg
・デスクトップ左上の「Exit」をダブルクリックし、ポップアップした窓で「Shutdown」にチェックをして、「OK」。

gpar08_011.jpg
・「Please remove the disc, close the tray (if any) and press ENTER to continue:」とでたら、CDを取り出してエンターキーでPCの電源が落ちる。



posted by ya9ya93 at 06:53 | TrackBack(0) | ディストリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。