”パソコンユーザのつぶやき”内で記事検索

2011年02月02日

「Try WiMAX」 Puppy Linux 431 で WiMAX

PLANEX 11n/g/b対応 150Mbpsハイパワー無線LAN USBアダプタ GW-USValue-EZ [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] / プラネックス


Try WiMAX でモバイルルータ「URoad-7000SS」を貸してあげる♪というので、去年の夏以来ご無沙汰だったWiMAXを試してみた。
WiMAXの電波をURoad-7000SSが受信して、URoad-7000SSからの電波をパソコンの無線LAN子機が受信するという形。

Puppy Linux 431 のネットワークウィザードでの設定。

pup_musen003.jpg

「ワイヤレス」をクリックした次の画面で、「WPA/TKIP」をクリックして以下の様に設定。

w001.jpg
暗号化キーはURoad-7000SSの側面ラベルに書かれている「KEY:xxxxxxxx」の数字の部分xxxxxxxxを記入。
SSIDも側面ラベルに書かれている。

速度は1.0Mbps程度なので前回よりかなり遅いかも。

URoad-7000SSをWiMAX基地局の下まで持っていっても、ステータスランプが赤いままで緑にならないので、感度が悪いのかな。

posted by ya9ya93 at 17:01 | TrackBack(0) | WiMAX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック