”パソコンユーザのつぶやき”内で記事検索

2010年12月02日

Elive 1.9 のCD起動

Zeitgeist-Symptome [Perfect]

Elive Topaz のunstable版、内蔵HDDへインストールを前提としたCD起動の流れ。

1、http://elive.jdf4you.org/isos/zeitgeist/ にある、elive_1.9.61-zeitgeist_unstable.iso をUbuntuのBraseroを使って「イメージの作成」でCD-Rwに焼く。

2、インストールするパソコンを1、で焼いたCDでCD起動させ、起動画面で「English(UK)」を選んでEliveを起動。

3、トラブルが出るかもしれないがNTFSでの書き換えOKにするか?と聞かれるので「OK」

4、「Install Elive」
ここでOKしてもいきなりInstallウィザードが始まるわけじゃないので「OK」

5、使用環境に合わせて解像度は「1280x1024 Most of hightresolution screen」 を選んで次へ。
当方はNVidiaのFX-5200系なのでNvidia Driver Version ”Nvidia-173”が表示された。

6、次の画面で「Nvidia-173」を選んで次へ。グラフィックドライバのインストールが始まる。
この情報は、HDDへのインストールの際にも引き継がれ、改めて手動でグラフィックドライバーをインストールする必要はない。

HDDへのインストールに続く。



ラベル:Elive CD起動
posted by ya9ya93 at 13:22 | TrackBack(0) | Elive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。