”パソコンユーザのつぶやき”内で記事検索

2010年11月08日

Puppy52 を日本語化とか、の続き


ビジュアル版 動物たちの地球大移動―空と海と大地をめぐる神秘のライフ・サイクル


Puppy52の日本語化の続きだが、メニューが英語なので/root/.jwmrc をいじってみるが、他のPuppyとちがってまったく反映されない。

仕方なくランゲージサポートsfsファイルを導入するも、PuppyやXサーバを再起動すると必ず country Settings ver.1.1 が起動してしまう。(それを右上の”x”で閉じても、「OK」で閉じても起動する)

lup52-set010.png

/root/Startup にある extralang を移動するか削除すればいいのだが、ちょっとすっきりしませんね。




ラベル:Puppy52 日本語化
posted by ya9ya93 at 12:27 | TrackBack(0) | Puppy Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。