”パソコンユーザのつぶやき”内で記事検索

2010年10月22日

Lucid Puppy 5.1.1 にグラフィックカードドライバを導入。


Aopen(AII) Aeolus GeForce FX5200 128MB DDR/ Power GPU FX5200-DVP128 LP



グラフィックカードのドライバはデスクトップ上の「クイックペット」アイコンをクリックして「Quickpet v3.1」を起動。
「トライバ」タブよりNvidia-glx ... のアイコンをクリックし、導入。

petget_nv001.jpg

FX-5200なので「Nvidia-173.14.25」。

petget_nv002-1.jpg
ドライバのペットパッケージのダウンロードが始まる。

petget_nv002.jpg
OKをクリック。

petget_nv003.jpg
Yesをクリック。

petget_nv004.jpg
この表示の数秒後、自動でXwindowが再起動。

次の画面で「Probe」を選んでエンター。
続いて、ディスプレイの解像度を環境にあわせて選択。
「E h31.5-67v67.....1280x1024」 を選んでエンター。
「1280x1024x24 uniconfirmed for ....」 を選んでエンター。

以上で、1280x1024の解像度でデスクトップが立ち上がる

「クイックペット」は、目的のPetパッケージを検索→サイトまで行ってダウンロードしなくていいので便利。




posted by ya9ya93 at 10:31 | TrackBack(0) | Puppy Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。