”パソコンユーザのつぶやき”内で記事検索

2010年06月23日

Grub2の起動メニューエントリの整理(まとめ)


難波金融伝 ミナミの帝王(7)銀次郎VS整理屋 [DVD]

いろいろやってもやらなくても多いし、起動メニューエントリが増えると煩わしいものです。
どうにも気になる人は整理してみましょう。

1、古いカーネルのUbuntuのエントリを消したいなら、Synapticで例えばlinux-image-2.6.**-xx-generic で検索してカーネルイメージパッケージを削除すると、自動的にエントリーは消えます。
**-xxは古い方のカーネルの番号。
消すカーネルを間違えると起動できなくなる。

2、リカバリーモードの行を消すには。
$ sudo gedit /etc/default/grub
以下を編集する。
# Uncomment to disable generation of recovery mode menu entries
#GRUB_DISABLE_LINUX_RECOVERY="true"

↓# を消す。

# Uncomment to disable generation of recovery mode menu entries
GRUB_DISABLE_LINUX_RECOVERY="true"

$ sudo update-grub

3、 メモリーテストmemtest86+をけす。

$ sudo chmod -x /etc/grub.d/20_memtest86+

$ sudo update-grub

4、Windowsを先頭にする。
管理者権限で/etc/grub.dフォルダの30_os-proberを08_os-proberとかにリネーム。

$ cd /etc/grub.d
$ sudo mv 30_os-prober 08_os-prober
$ sudo update-grub

単にWindowsをデフォルト(タイムアウトになると起動するエントリ。起動選択画面ではハイライト。)にしたいのなら。
$ sudo gedit /etc/default/grub

GRUB_DEFAULT=0
の行の数字"0"をWindowsエントリの順番にあわせる。
エントリ順番の先頭は"0"。

で、言うまでもなく最後には
$ sudo update-grub



posted by ya9ya93 at 20:11 | TrackBack(0) | Grub | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。