”パソコンユーザのつぶやき”内で記事検索

2010年06月07日

wine 起動確認 アタッシェケース(ファイル/フォルダ暗号化ソフト)


エニグマ暗号戦―恐るべき英独情報戦 (光人社NF文庫)

暗号化したいファイルあるよね。
wineを使って、Ubuntu10.04でも使えるみたい。

アタッシェケース ver.2.69
http://homepage2.nifty.com/hibara/software/atcs.htm
lzh アーカイブ形式 atcs269.lzh

解凍して中にあるatchcase.exeを実行。
(今回はUSBメモり内に解凍してみた。)

angouka000_14.jpg

ファイル>暗号化するファイルを開く。
ファイルを指定して、2度パスワード入力。
元ファイルを残して同じフォルダ内に暗号化された.atcファイルができる。
復号するには、元ファイルがない場所で行う。
暗号化されたファイルを残したまま、復号化される。

・未確認
パーティションのフォーマット形式に関係なく行えそう。
設定を変えれば複数ファイルを1つにまとめて暗号化もできそう。

*lzhファイル解凍にはLhaをUbuntuにSynapticからインストールしておく。
クリックのみでexeファイルを実行するにはファイルの関連付けを。


「関連記事」
wine1.2のUbuntu10.04へのインストール
http://pc-usr.seesaa.net/article/149425404.html
wineでなんとなく動いたよリスト
http://pc-usr.seesaa.net/article/153457445.html


posted by ya9ya93 at 21:43 | TrackBack(0) | wine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック