”パソコンユーザのつぶやき”内で記事検索

2010年05月28日

Mandriva2010 gnome をインストールして、YSフォントを追加


ミニで太い盆栽:山もみじ(信楽焼鉢)

ミニで太い盆栽:山もみじ(信楽焼鉢)

  • 出版社/メーカー: 遊恵盆栽
  • メディア:



Mandriva one 2010 Gnome をインストールしてフォントを追加してみた。
1CDでインストールしたせいか、使えないもの足りない物があるようだ。

Yosshy Font Laboratory
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/yosshy4/font/index.html
YS 手書き ver.5.0

1、lhaのインストール
YSフォントはlhaアーカイブなので、開けない。
アプリケーション>RPMをインストール/アンインストール、でlhaをいれようとするが、サーバが死んでるようでパッケージ収得に失敗する。
ソフトウェア管理のオプション>メディアマネージャ、でリポジトリを「追加」。リストから、いつものftp.riken.jp。
再度、lhaをインストール、成功。

2、YSアーカイブを展開、フォントをインストール。
展開すると、YShwBフォルダのなかにZIPファイルがあるが、無効なエンコーディングということでファイル名が文字化けしてる。

ys_bake.png

YS.zipとリネーム。
zipを展開、またttfファイル文字化け。

ys_bake2.png

リネームし、フォントファイルをクリックして、ビューアからローカルにインストール。
上パネルにある「コンピュータの設定」アイコンからコントロールパネルを起動し、システム>フォントの管理・追加・削除、で追加してもOK。

3、フォントの設定
デスクトップを右クリック、背景の変更>フォント、からフォントを指定して変更。

yosshy.jpg


posted by ya9ya93 at 10:47 | TrackBack(0) | fonts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック