”パソコンユーザのつぶやき”内で記事検索

2010年05月12日

openSUSE、ネットインストール。


じぶんだけのいろ―いろいろさがしたカメレオンのはなし


とっても綺麗で丁寧親切なグラフィカルインストールウィザードは好感が持てるが、openSUSE11.2のネットインストールは3時間かかりました。
Ubuntu10.04の時のほぼ倍ですね。
*インストールウィザードの初期の段階でサーバを選べたらしい。本家のは重いとのこと。

消えないエラー”DBus error:Unable to get transaction id from packagekit.”

アップデートの途中で、パッケージマネージャ”YaST”が、インストール後30分もしないうちにぶっ壊れて、検索してもネット情報少ないし、「入れ直してみれば?」という意味合いの英語のありがたいお言葉をよく見かけたので、rpmパッケージをダウンロードしてきてパッケージマネージャ”smart”をrpmコマンドでインストール。

smartのopenSUSE11.2のリポジトリ設定して、YaSTを削除。
たくさんパッケージが消えたが、メモしてなかった(ログを見ればよかったか??)のでYaST関係パッケージをすべてインストールし何とか復活。OS再インストールを踏みとどまった。

しかし、UbuntuやDebianの時にはほとんどなかったパッケージのアップデートも30分ほどかかってしまった。
つかれるね、どうも。

suse_kde.jpg

基本はKDEのようだが、触るのは昔のknoppix以来で見かけは何だか変わってしまったが、KDEの基本的なところは変わらないし、面影は残っており懐かしい。




posted by ya9ya93 at 21:30 | TrackBack(0) | ディストリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。