”パソコンユーザのつぶやき”内で記事検索

2010年05月03日

Windows7にも対応しているUSB起動出来るUSBメモリへのLinuxのインストール方法

1、UNetbootin(Windows2000でもOK)
http://unetbootin.sourceforge.net/
【ブータブルUSB】簡単な使い方を説明【UNetbootin】
http://madeinpc.blog50.fc2.com/blog-entry-420.html

2、LinuxLive USB Creator(WindowsXP、Vista、7対応)
http://www.linuxliveusb.com/
日本語対応だしUNetbootinとよくにているので、起動してみたら使い方はわかると思う。
対応しているLinuxの種類も豊富。 Ubuntu、Debian、Fedora、OpenSuse、Slax、PuppyLinux等多数。





その他に、パソコンのOSがなんであろうと使える方法として、LinuxLiveCDを作ってCD起動しLinuxを立ち上げ、USBメモリへインストール例。
1、UbuntuLinuxのUSBスタートアップディスクの作成を使った方法
http://pc.netwarp.biz/Home/linux/linux_usb#TOC-Ubuntu-9.04
Ubuntu9.10でも可。内蔵HDDへインストールできない親切設計。
2、UbuntuをUSBメモリへフルインストールする方法
https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/UsbInstall/InstalltoUSBStora...
内蔵HDDへインストールしてしまう危険性をはらんだ方法。

いずれにせよ、パソコンのBIOSがUSB起動に対応していないとダメだし、かならずデスクトップ表示完了までたどり着けるとは限りません。


posted by ya9ya93 at 19:22 | TrackBack(0) | boot | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック